FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

酒蔵見学~仕込み~ SAKAGURA

2015/02/03 16:20
いよいよ、お酒に近づきますよ~

精米し、秒単位で浸漬を調整したお米を蒸します。

蒸しあがった物を、冷えちゃってますが頂きました。

14227969530.jpeg

透き通った感じのお米。
食べてみると、シンが全くなく、でもすごい弾力があって、甘みがあっておいし~。

これを麹菌と混ぜ混ぜします。

麹菌は生きているので、活動させるためにとても温かいお部屋「室(むろ)」で、お米に混ぜ混ぜされます。

14229418370.jpeg
↑上の方のはカバーがかかっていてわかりづらいですが、蒸したお米を右側に出して急冷させるそうです。

 下の方が、「室」です。
 ここは、室温30度くらいになるそうで、中には入れないので手だけかざしてみましたら、

「いや~ほんまあったかいわ~」

てかんじでした(笑)

お米に混ぜる麹菌は、緑色してます。
お米の周りに緑色のカビが生えているようなものを、ふるいのようなもので振りかけるそうです。

そしてそのお米を仕込む大きなタンクがこちら
14229418230.jpeg

国に管理されているそうで、大きさや量など細かくタンクにも記載されています。
ひとつでもないと、監査に来た人に突っ込まれるそうです。

14229418480.jpeg

麹菌とタッグを組んだお米たちがここに仕込まれていくのです。

続きはのちほど~~
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

酒蔵見学~お酒のお米~ <SAKAGURA>

2015/02/02 23:36
酒蔵見学は、酒蔵の歴史とお米の話から始まります。

その前に、山野酒造さんのことを少しご紹介。

山野酒造さんといえば、「片野桜」です。
実は片野桜は、同じ名前で色々な種類があるので、注文するときには間違えないように、ラベルの色などをつたえるといいようです。
蔵元さんもちょっと困るそうです(笑)
こんなにたくさん。

sake.jpg


お米は普通のお米とは違う種類と、精米方法です。

有名な日本酒のお米と言えば、兵庫県産の山田錦


14227969340.jpeg

玄米から磨き上げて、特別な精米機できれ~~いに、磨き上げて、おいしいところだけにします。

半分くらいになっちゃう。

これを、水分量とかいろいろちゃんと計算しながら洗って、蒸し上げます。

14228869540.jpeg

とっても繊細なお米なので水の勢いで洗います。

しばらく給水すると、お米が透き通ってきます。
14228869730.jpeg

きれいです~~

さ、次回は発酵ですよ~
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

大阪の酒蔵見学に行ってきました。

2015/02/02 00:46
30歳になってから、いろんな社会見学に行くのが楽しくて仕方のないうりぼ~です。

今回は、もう数少なくなった、大阪府内の酒蔵見学に行ってみました。

大阪府の蔵元一覧  

秋鹿酒造(有)  吉田酒造(株)  呉春(株)  中尾酒造(株)  高島酒造(株)  
寿酒造(株)  清鶴酒造(株)  山野酒造(株)  大門酒造(株)  長龍酒造(株)  
藤本酒造場  西條合資会社  寺田酒造(有)  井坂酒造場  (有)北庄司酒造店  
浪花酒造(有)  サントリー酒類(株)


申し込みした時にはもうほとんどの日がうまっていたらしく、ちょっと早いけど・・・と言いながら、申し込みさせていただき、今年の見学者第一号になりました!

今回行ってきたのは、交野市にある、二つの酒蔵のひとつ、「山野酒造」さんです。

山野酒造株式会社 HPはこちら
〒576-0052 大阪府交野市私部7-11-2
TEL:072-891-1046 FAX:072-891-1846


京阪交野市駅から10分もかかりません。

酒蔵見学の期間は、1月中旬~3月くらいまでらしいです。

日曜でも人通りの少ない道を歩いて行くとありました。

思わず一瞬行きすぎてしまいます(笑)
行きすぎると右手に壁沿いに大きな看板が現れますので、それが見えちゃうと、あ、行きすぎたと思ってください(笑)

14227968860.jpeg

あれ?ここかな?
と見えるのが写真上部の、古い感じの建物。
手前の右には直売所などの看板が。
左手には、もう上に書かれた文字も、その下にあったであろう文字も両方見えちゃってる古~い看板(笑)
味があります。

14227969100.jpeg

奥に進んでいくと、右手に事務所があります。

そこで来ました~と声をかけるとおっちゃんが案内をしてくださいます。

おっちゃん・・・実は、5代目の蔵元の山野久幸さんでした(笑)

め~っちゃ、気さくなおもしろいおっちゃんで、うちらの質問にも快く受け答えしていただき、とっても楽しかったです。

だいたい、通常1時間くらいで終われるのですが、質問したりしゃべったりしてると、2時間くらいたってました(笑)

いろんな説明が楽しすぎました。

まずはお米の説明から・・・

続きは次回!
お楽しみに~~☆
[編集]

スポンサーサイト

関連記事

フォローお願いします

カスタムCSS

プロフィール

うりぼ~☆
大阪で臨時講師でせんせーらしからぬせんせーしながら食べ歩き、おでかけぶらぶら、お料理を楽しんでいる30代主婦です。

手作り、ダイビング、ゴルフ、ネイル、ジャンガリアンハムスター。好きなものはた~くさんあります。

教育関係や、体のことについて、などなど、いろいろつづっていけたらと思います。